Interior Note[フランス発]お部屋づくりに役立つ記事

フランスのお宅訪問
2017.05.16

パリの屋根を見下ろす モンマルトルの丘のアパルトマン

  • パリの屋根を見下ろす モンマルトルの丘のアパルトマン

    • Google+
    • Hatena
    • Pocket
    • Line
    【プロフィール 】

    「Cinabre Paris(シナブル・パリ)」というボウタイ&ネクタイブランドを手がけるアレクサンドルと、女性に絶大な人気を誇るパリ発ウェブマガジン「My Little Paris(マイリトルパリ)」で編集長を務めるアンヌ=フロール。二人が暮らすパリのアパルトマンは、モードとメディア、どちらも流行を生み出す仕事に携わるカップルらしい、センスの良い空間が広がっています。

    【間取り】2LDK(85㎡、アパルトマン )
    Cinabre Paris
    シナブル・パリ
    住所 : 20 rue d’Hauteveille 75010
    営業日 : 月〜金10:00-19:30、土14:00-19:00
    定休日 : 日
    電話 : 01 48 24 72 28
    メトロ : Bonne Nouvelle ⑧⑨
    https://www.cinabre-paris.com

    My Little Paris
    マイリトルパリ
    http://www.mylittleparis.com

    毎日忙しく動き回る二人が選んだのは、白亜のサクレ・クール寺院がそびえるモンマルトルの丘という絶好のロケーション。2年前に家探しをしている際、不動産広告を見ただけで購入を決めてしまったという驚きのエピソードを持つアパルトマン。その後、まさにこのアパルトマンにアレクサンドルの叔父夫婦が長い間暮らしていたことが分かり、さらに運命を感じることに。元々2つのアパルトマンをぶち抜いて1つにしただけあり、扉を開けると贅沢な空間が広がっています。部屋の配置をより自分たちのスタイルに合わせるため、業者に依頼して3ヶ月かけてリフォーム工事を施し、ひとつのスペースにリビングとダイニング、奥にキッチンを配しました。

    本棚は壁に馴染む色でオーダーメイド。お母さんがスウェーデン人のアレクサンドルは北欧スタイルにも馴染みがあり、寝室の古いフローリングを白いペンキで塗ったり、シンプルなインテリアで飾ったりするのが好きだそう。ただ、モダンだけれどチープな感じにならないよう、どっしりとしたアンティークのアイテムを配置するよう心がけています。例えば、立派な暖炉も、元々あったモダンなものを取り外し、いとこから譲り受けた50年代のものをはめ込みました。そんなこだわりが随所に見られます。

  • パリの屋根を見下ろす モンマルトルの丘のアパルトマン

    リビングの向かい側にあるダイニング。パリでもっとも高い場所に位置するモンマルトルの丘、さらにアパルトマンは6階にあるので、1日中明るい光が差し込んでいます。壁の造作収納はすべてイケアのキッチン用家具。背の高い二人が使いやすいよう規格よりも位置を高くして、「いかにもキッチン」という風に見えない工夫をしました。さらに、引き出しの取手はスウェーデンのデザインスタジオが販売するもので揃え、オリジナリティをプラスしています。

  • パリの屋根を見下ろす モンマルトルの丘のアパルトマン

    元々キッチンのあった場所を浴室に。広々と使えるイタリア式シャワースペースが魅力的。とはいえ湯船でゆったりくつろげるよう、バスタブも横に置いています。モダンで冷たい印象にならないよう、アンティークの家具と鏡で飾りました。

  • パリの屋根を見下ろす モンマルトルの丘のアパルトマン

    ダイニングの奥にあるキッチンもイケアの家具を使用。壁のタイルは青海波モチーフで落ち着いた雰囲気に。家電製品や小物はステンレスで揃えると統一感が出て素敵に見えます。アパルトマン購入時はここに浴室があり、現リビング・ダイニングが寝室だったそう。以前はキッチンを通って寝室に行くような不便な作りだったため、すべての部屋の配置を考え直しました。

  • パリの屋根を見下ろす モンマルトルの丘のアパルトマン

    窓からサクレ・クール寺院をのぞむ寝室は、パリに住む人なら誰もが憧れる絶景。リフォーム時にここをリビングにするか悩んだけれど、朝目覚めて、真っ白な姿のサクレ・クールが見えたら気持ち良く1日をスタートできそう、と考えて二人の寝室にすることにしました。眠りにつく前、霧の中にぼんやりと白く光るサクレ・クールを眺めるのも最高の贅沢です。

著者プロフィール:Tricolor Parishttp://tricolorparis.com

トリコロル・パリはフランスに暮らす荻野雅代と桜井道子、ふたりの日本人からなるユニット。パリ関連のガイドブックを執筆・撮影するかたわら、2010年にスタートしたサイトにて、パリのおすすめショップやレストラン、イベント・観光情報はもちろん、フランスのニュースやパリの天気を服装で綴る「お天気カレンダー」など、独自の目線で「フランスの旬」を日々発信している。