Interior Note[フランス発]お部屋づくりに役立つ記事

フランスのお宅訪問
2017.08.08

小さなガーデンからの風が心地良いデュプレックスのアパルトマン

  • 小さなガーデンからの風が心地良いデュプレックスのアパルトマン

    • Google+
    • Hatena
    • Pocket
    • Line
    【プロフィール 】

    ソフィーさんは「OKO Le petit atelier(オコ ル・プチ・アトリエ)」というアーティスト名で活動する女性イラストレーター。学業のためにフランス各地で暮らしたのち、現在は故郷であるクリッソンに戻り、一人娘のニノンちゃんと二人で生活しています。

    彼女が描くイラストは、植物や動物をモチーフに繊細な線画と淡くやわらかな色合いを重ねた、見ている人が優しい気持ちになるような世界観。一枚ずつ丁寧に印刷するシルクスクリーンをメインに、 セラミックに手描きで絵付けしたブローチやピアス、陶芸アーティストとコラボしたボウルなど、これから広い分野でどんどん注目されそうな期待のクリエイターさんです。

    【間取り】2LDK(80㎡、アパルトマン )
    OKO Le petit atelier
    オコ  ル・プチ・アトリエ

    http://oko-sophielemoine.tumblr.com
    ttps://www.facebook.com/okolepetitatelier

    ソフィーさんと9歳になる娘のニノンちゃんの住まいは、クリッソンの駅から歩いて1分ほどのところにある新興住宅地に建つアパルトマン。ナントから電車に揺られて20分ほどで到着するクリッソンは、ヘビメタファンにはおなじみの音楽フェス「Hellfest(ヘルフェスト)」が毎年初夏に開催される街としても知られています。
    この駅近の住宅地に建ち並ぶ建物はすべて、エコ住宅として2013年に建設された新しいアパルトマンばかり。ソフィーさんの自宅は、1階と2階のデュプレックス式で、小さな庭が玄関がわり。庭の先にあるリビングには、ソフィーさんが蚤の市やデットストックのお店などで見つけたソファやローテーブルなどの家具が素敵に配置されています。

  • 小さなガーデンからの風が心地良いデュプレックスのアパルトマン

    リビングの一角にはシンプルな板で作ったデスクコーナー。自分の絵はもちろん、愛娘のニノンちゃんが描いた絵も壁に飾っています。デスク上はとにかくすっきりと、常に仕事がしやすいような環境を。ごちゃごちゃしたものは、隣の棚にしまいこんで白いカーテンで目隠しをしています。「庭からの自然光で 1日中明るく、とても仕事のしやすいスペースなの」と、ソフィーさんも満足しています。

  • 小さなガーデンからの風が心地良いデュプレックスのアパルトマン

    リビングの奥にあるキッチンは必要最小限のものが揃ったミニマルな空間。壁をビビッドなマスタードカラーに塗るだけで、簡素で寂しげな印象が和らぎます。棚などの小物はイケアで調達して、普段よく使うキッチン用具や食器、調味料などは見せる収納で上手にお片づけ。

  • 小さなガーデンからの風が心地良いデュプレックスのアパルトマン

    リビングからの眺め。このアパルトマンの決め手は、何と言ってもこのガーデンだったそう。天気の良い日は、大きな掃き出し窓を開けて、気持ち良い風を感じながらソファやロッキングチェア(これも掘り出し物)に座って本を読んだり、大きなテーブルの上で仕事をしたり。たとえ天気が悪くても、朝から晩まで自然光が降り注ぎ、気づけば1日中リビングから動かない日もあるぐらい、ソフィーさんにとってお気に入りのスペース。「アパートなのにまるで一軒家のような感覚になれるのが好き」とソフィーさん。

    フランスでは、庭へ直接アクセスできるこういったリビングの設計は珍しくなく、このお宅のように地上階ではなく、たとえアパルトマンの上階でも、バルコニーにミニガーデンを施したり、屋上庭園を作ったりする人たちも多いのです。小さなスペースでも、緑を眺め、自然の風を感じられる空間があるのは毎日を心地良く暮らす大切なポイントなのでしょう。

  • 小さなガーデンからの風が心地良いデュプレックスのアパルトマン

    ソフィーさんのアパルトマンが建つ新興住宅地の一角。ソーラーパネルのあるエコ住宅で、毎月の電気代がとにかく安く快適に暮らせていると語るソフィーさん。 今はまだ、昔ながらの素朴な町に突然現れたモダンなスペースといった風情ですが、大きな映画館もあり、これから少しずつこの地区を中心に、クリッソンの町にも新しい住宅が増えて行くのでしょう。

著者プロフィール:Tricolor Parishttp://tricolorparis.com

トリコロル・パリはフランスに暮らす荻野雅代と桜井道子、ふたりの日本人からなるユニット。パリ関連のガイドブックを執筆・撮影するかたわら、2010年にスタートしたサイトにて、パリのおすすめショップやレストラン、イベント・観光情報はもちろん、フランスのニュースやパリの天気を服装で綴る「お天気カレンダー」など、独自の目線で「フランスの旬」を日々発信している。