Interior Note[フランス発]お部屋づくりに役立つ記事

【後編】モダン・クラシックな内装に魅せられる…パリ流インテリアの新しい潮流を感じさせるホテル

  • 【後編】モダン・クラシックな内装に魅せられる…パリ流インテリアの新しい潮流を感じさせるホテル

    • Google+
    • Hatena
    • Pocket
    • Line
    【プロフィール 】

    ホテル・アデル・エ・ジュールは、パリ滞在中に幾度となく足を運ぶオペラ座界隈からほど近い場所に位置する3つ星ホテル。にぎやかなポワッソニエール大通りから1分ほど歩いたところにある、静かな袋小路に面しています。オーナーのニコラさんをはじめ、ドゥ・ラットル家の皆が笑顔で迎えてくれ、家族経営らしい温かな雰囲気が漂います。最寄りメトロは8、9番線が通るグラン・ブールヴァール駅ですが、ギャラリー・ラファイエットやプランタンといったデパートまで歩いて15分ほどの距離。ここ数年で、ホテル周辺にはおしゃれなショップやおいしいレストラン、カフェがぐんと増え、今パリで注目を集めている界隈のひとつです。

    Hôtel Adèle & Jules
    ホテル・アデル・エ・ジュール
    2 et 4bis Cité Rougemont 75009 Paris
    HP:http://www.hoteladelejules.fr

    先月に引き続き、パリ9区のホテル・アデル・エ・ジュールのインテリアを紹介します。今回は客室以外のリビングやダイニングスペースなどにスポットを当て、ここ数年じわじわと流行の兆しが感じられるモダン・クラシックな内装を見ていきましょう。

  • 【後編】モダン・クラシックな内装に魅せられる…パリ流インテリアの新しい潮流を感じさせるホテル

    ホテルのエントランスを入って最初に利用するサロンスペースは、そのホテルの顔とも言える存在。パープルとグレーをメインに据えた大胆なカラーチョイスが絶妙で、大人っぽいのに落ち着きすぎない洒落た空間を演出しています。レンガの壁にはめ込まれた作り付けの本棚がなんと言ってもこの場所の主役。棚の横に置かれた大ぶりの枝木にはLEDの電飾を飾りムーディーな照明代わりに。本棚、ソファ、テーブル、スツールとすべて左右対称に配置することで、王道のクラシックな内装になるのがポイントです。

  • 【後編】モダン・クラシックな内装に魅せられる…パリ流インテリアの新しい潮流を感じさせるホテル

    サロン奥には朝食のためのダイニングスペースがあります。木目調の壁と床をタイルにすることで、サロンと上手に空間を仕切り、全く違う雰囲気を味わえる楽しさがあります。パーティションやドアで区切らず、こういった内装やラグなどのアイテムでさりげなく空間を仕切る工夫は真似したいところです。壁に沿ってコの字型に配置したソファも限られたスペースを有効活用している好例。ランプシェードは黒とゴールドでシックにまとめ、壁に飾ったモノクロ写真の額装も大小の正方形の黒いフレームにすることでぐんと統一感が生まれ、額を飾るのはハードルが高いと言う初心者でも、それなりにオシャレな雰囲気を醸し出せるテクニックです。

  • 【後編】モダン・クラシックな内装に魅せられる…パリ流インテリアの新しい潮流を感じさせるホテル

    殺風景になりがちな廊下は、壁一面に大胆なペイントをほどこしてモダンな雰囲気に。随所にデザイン志向のベンチ、椅子、照明を配置することでさらにリズムを感じられ楽しい印象のインテリアになります。廊下のデッドスペースを上手に利用して、オブジェを愛でるような気持ちでお気に入りのアイテムを置いてみてはいかがでしょう。

  • 【後編】モダン・クラシックな内装に魅せられる…パリ流インテリアの新しい潮流を感じさせるホテル

    会議室として利用できる一室ですが、白木の大きなテーブルはダイニングテーブルにもぴったり。ベージュトーンの色合いに柔らかなライトグレーの椅子をチョイスし、照明、額縁、カウンターのテーブルトップに黒を持ってくることでぼんやりしがちな部屋全体の印象をグッと引き締めています。中央のカウンターを中心にランプシェード、同じ額装の絵画、ダークグレーの椅子を左右対象に配置するテクニックをここでも活用し、落ち着きとまとまりのある空間を演出しています。

著者プロフィール:Tricolor Parishttp://tricolorparis.com

トリコロル・パリはフランスに暮らす荻野雅代と桜井道子、ふたりの日本人からなるユニット。パリ関連のガイドブックを執筆・撮影するかたわら、2010年にスタートしたサイトにて、パリのおすすめショップやレストラン、イベント・観光情報はもちろん、フランスのニュースやパリの天気を服装で綴る「お天気カレンダー」など、独自の目線で「フランスの旬」を日々発信している。