Interior Note[フランス発]お部屋づくりに役立つ記事

インテリア・雑貨
2019.09.20

パリのおしゃれさんに愛されるコンセプトストア「メルシー」がそのエスプリを表現したパリのアパルトマン

  • パリのおしゃれさんに愛されるコンセプトストア「メルシー」がそのエスプリを表現したパリのアパルトマン

    • Google+
    • Hatena
    • Pocket
    • Line
    【プロフィール 】

    パリのおしゃれ地区、北マレにある「メルシー」は、パリを代表するコンセプトストアとして世界中のファンに愛され、今年10周年を迎えました。吹き抜けの天井から自然光が降り注ぐ、広々した3フロアに、ファッション、キッチン雑貨、インテリア、文房具、リネン類、インテリア小物など、毎日の暮らしを彩るさまざまなアイテムがセレクトされており、パリのおしゃれさん御用達のお店です。この「メルシー」が、10周年を記念して、そのエスプリを体現したアパルトマン「ル・ピエ・タ・テール(セカンドハウスという意味)」を数ヶ月間だけ公開。現在は残念ながら見学できませんが、真似したいアイデアいっぱいのインテリアをご紹介します。

     

    Merci
    メルシー
    (ル・ピエ・タ・テールは現在非公開)
    住所:111 boulevard Beaumarchais 75003 Paris
    電話:01 42 77 00 33
    営業日:月〜土 10:00〜19:30
    定休日:日
    メトロ:Saint Sébastien Froissart ⑧
    https://www.merci-merci.com

    美と使いやすさを愛し、日々の何気ない生活を大切にする「メルシー」が、そのエスプリとスタイルを体現するために選んだのは、パリ3区ボーマルシェ大通り沿いに1870年建てられたアパルトマン。落ち着いたトーンのリビングのなかで、大きめのペンダントライトがまるでアートのオブジェのようにアクセントになっています。

  • パリのおしゃれさんに愛されるコンセプトストア「メルシー」がそのエスプリを表現したパリのアパルトマン

    このアパルトマンは、壁や天井の装飾、暖炉が、建築当時の美しさのまま残っており、とても贅沢な空間になっています。とはいえ日本のごく普通のマンションや家でも、壁や天井、扉にモールディングを上手に活用することで、上品でクラシカルなインテリアを叶えることができるでしょう。

  • パリのおしゃれさんに愛されるコンセプトストア「メルシー」がそのエスプリを表現したパリのアパルトマン

    写真では少し見えづらいかもしれませんが、ベッドルームでは、アンティークの大きなクローゼットと壁の間に、ウォークインクローゼットのスペースが作られています。一方、同じクローゼットの裏側は、素朴な木の味わいが素敵な、ベッドのヘッドボードになっています。持て余しがちな大きな家具をうまく活用している良い例です。

  • パリのおしゃれさんに愛されるコンセプトストア「メルシー」がそのエスプリを表現したパリのアパルトマン

    小さい空間だからこそ意外と色で遊べるトイレですが、こんなモスグリーンのトイレはなかなか見たことがありません。レトロなホーローのシンクやアンティークのミラー、シックななかにもどこか懐かしさを感じさせる色合いが、ずっとそこにいたくなるようなくつろぎの空間を作り出しています。

  • パリのおしゃれさんに愛されるコンセプトストア「メルシー」がそのエスプリを表現したパリのアパルトマン

    天井の幾何学的なモールディングや壁に描かれた絵、木のパネル、使い込まれた木張りの床…隅々までフランスの歴史と伝統を感じさせる美しいダイニング。けれどよく見ると、大きなテーブルを囲むように置かれた不ぞろいな椅子や、リビング同様に存在感のあるペンダントライトがコンテンポラリーな要素をプラスしていて、絶妙なバランスのインテリアになっています。

著者プロフィール:Tricolor Parishttp://tricolorparis.com

トリコロル・パリはフランスに暮らす荻野雅代と桜井道子、ふたりの日本人からなるユニット。パリ関連のガイドブックを執筆・撮影するかたわら、2010年にスタートしたサイトにて、パリのおすすめショップやレストラン、イベント・観光情報はもちろん、フランスのニュースやパリの天気を服装で綴る「お天気カレンダー」など、独自の目線で「フランスの旬」を日々発信している。