Interior Note[フランス発]お部屋づくりに役立つ記事

インテリア・雑貨
2019.08.23

部屋のオシャレ度を簡単にアップしてくれるパリ生まれの壁紙ブランド

  • 部屋のオシャレ度を簡単にアップしてくれるパリ生まれの壁紙ブランド

    • Google+
    • Hatena
    • Pocket
    • Line
    【プロフィール 】

    父のジャン=マルクと娘のアレクサンドラ、珍しい親子デュオが2008年に立ち上げた壁紙ブランド「ペーパーミント」。60〜70年代にかけて流行した壁紙は、古くさいというイメージから敬遠される傾向にありましたが、2010年代に入り、部屋の印象をガラリと変えてくれる手軽な手段としてフランスでの人気が復活しました。なかでも「ペーパーミント」は、時代にマッチしたモチーフで瞬く間に注目を集め、パリに構えた自分たちのアトリエで、昔ながらのアルチザナルな技術を用いて制作しています。従来の壁紙にありがちなジオメトリックな繰り返しのパターンだけでなく、動物や植物をモチーフに大胆なイラストを配置したスタイルも「ペーパーミント」らしさ。壁紙で飾ったカラフルな部屋の写真が並ぶインスタグラムは10万人以上のフォロワーがおり、見ているだけで自宅の模様替えをしたくなる気持ちがムクムクと湧いてきます。海外からの注文、発送も可能。

    Papermint
    ペーパーミント
    HP:https://www.paper-mint.fr

    日本では「クロス」と呼ばれる壁紙は白やベージュのものが多く使われ、壁そのものを保護したり、リフォーム時には汚れた壁を隠したりするためのものといった印象ですが、フランスでは、部屋のイメージを簡単に変えられるアイテムの一つとして一般的です。「ペーパーミント」のようなデザイナー系ブランドだけでなく、大型チェーン系のDIY店舗にもたくさんの種類の壁紙が並んでいます。壁一面に貼るだけでなく、一番上の写真のように木枠でセパレートして絵画を飾るような感じで遊ぶこともでき、想像力を働かせて個性的な空間づくりを楽しめます。

  • 部屋のオシャレ度を簡単にアップしてくれるパリ生まれの壁紙ブランド

    「Granite」はその名の通り花崗岩の表面をイメージした柄。冷たい印象を与えがちなミネラルなモチーフも、淡いパステルトーンで描くことで明るくふんわりとした可愛らしいものに。前に配置された白いランプシェードやペールピンクのチェア、ローテーブルの家具もセンスが良く、この壁紙の良さを引き出すヒントを与えてくれます。インスタグラムに紹介されている写真はどれもインテリアとともに撮影されているので、リフォームの際の家具セレクトの参考にもなります。1mあたり39.9€。 

  • 部屋のオシャレ度を簡単にアップしてくれるパリ生まれの壁紙ブランド

    濃いグリーンがシックな「Toscane」はイタリア・トスカーナの深い森を描いた壁紙。こちらはパターン柄とは異なり、6枚の紙にプリントした一枚の絵を並べて配置するタイプのため、壁紙ではなく「Fresque(フレスコ画)」と呼ばれています。壁一面に雄大な景色が広がり、強烈な印象を刻むフレスコ画タイプは、写真にあるようにレストランなどの広いスペースにぴったりです。ぜひインテリア上級者さんにトライしてほしいアイテムです。6枚450€。

  • 部屋のオシャレ度を簡単にアップしてくれるパリ生まれの壁紙ブランド

    「1925」と名付けられたこちらの壁紙は、1920〜30年代にかけてパリを席巻したアール・デコにインスパイアを受けたモチーフ。幾何学図形を繰り返したパターンはどんな部屋にもしっくりと馴染み、エレガントで洗練された雰囲気に。写真にある白地にゴールドのほか、黒地にゴールドの色違いの柄もシックでおすすめです。壁の下部を木製の飾りパネルで覆うことで空間にメリハリがつき、いかにもフランスらしい重厚な空間に変身します。10mあたり102.6€

  • 部屋のオシャレ度を簡単にアップしてくれるパリ生まれの壁紙ブランド

    ダークネイビーに深いグリーン、これぞフランス!といった色彩が大人の魅力を醸し出す「Jungle」は、2枚1セットのフレスコ画スタイル。大ぶりの葉と小鳥がランダムに描かれ、躍動感溢れる印象的な空間を生んでいます。飽きが来るかもしれない・・・と手の出しにくいモチーフではありますが、貼るだけで今の流行を取り入れ、部屋のオシャレ度がグンとアップする魔法のようなアイテムです。張り替え可能というのが壁紙の長所ですので、これくらい大胆な柄を選ぶのもありかもしれません。こちらはカラー4色展開しており、どれも雰囲気が異なるのでサイトでぜひチェックしてみてください。2枚266€。

著者プロフィール:Tricolor Parishttp://tricolorparis.com

トリコロル・パリはフランスに暮らす荻野雅代と桜井道子、ふたりの日本人からなるユニット。パリ関連のガイドブックを執筆・撮影するかたわら、2010年にスタートしたサイトにて、パリのおすすめショップやレストラン、イベント・観光情報はもちろん、フランスのニュースやパリの天気を服装で綴る「お天気カレンダー」など、独自の目線で「フランスの旬」を日々発信している。